イサドラの子どもたち 플롯

モダンダンスの始祖として知られるの伝説的ダンサー、イサドラ・ダンカンが亡き子どもたちに捧げたソロダンス「母」をモチーフに、現代に生きる4人の女性の喪失と再生を描いた人間ドラマ。「若き詩人」「泳ぎすぎた夜」で注目を集めたフランスのダミアン・マニベルが監督・脚本を手がけ、2019年・第72回ロカルノ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した。イサドラの自伝を読んでいる振付師アガトは、図書室で見つけた舞踊譜と作曲家スクリャービンの音楽を手がかりに「母」の踊りと向き合う。「母」の公演を控える若きダンサーのマノンは、振付師マリカと対話を重ねながら新たなダンスを模索していく。「母」を観劇したエルザはゆっくりとした足取りで帰路につき、自身の過去と重ね合わせながら今夜の記憶を反芻する。

イサドラの子どもたち 예고편 온라인 플레이

イサドラの子どもたち 사진

イサドラの子どもたち총 (1) 개의 댓글

abqpko
abqpko
ネタバレ! クリックして本文を読む
Isadora... January 1913. I was dancing that night at Kiev's city theatre.
Towards the end of the show, I suddenly told my pianist:
"Play Sciabin!"
"Why?" he asked. "You've never danced to it." "I don't know. Play it."
"I insisted so much that he finally agreed. I imagined a mother
carrying her dead child with a slow step, a hesitant step towards the
resting place. I dance the descent to the tomb and the flight of the
spirit escaping from the prison of flesh, and ascending, ascending to
the light."
自伝を読んでいた幼い時は、偉人の成せた偉業にも感動したものが、もの心もつけば、そんな偉人である彼ら、彼女たちのいらない情報も知ることとなり、”もう詰まらないフェイクばかりの物を読むのを諦めよう、止めてしまおう” と思ってしまう。でもその一方では、取るに足らないことで止めるなんて、 ”お前は子供か!” と自分を責めたりもする。その事を避けるためにも映画鑑賞の前にイサドラ・ダンカンの人となりやバイオを見ないことをお勧めする。
そんなお馬鹿な自身の前振りはこれぐらいで... この作品「イサドラの子どもたち」は、3組の愛せる人達が一つのダンス芸術にかける思いや姿をモキュメンタリータッチで描いている...

What is beautiful here and which can inspire us is the gestures, laying
her arms around them, embracing them. It reminds me of when her
kids come back.
映画は、3つの場面で構成されいて、その場面ごとの共有性はただ "Mother" という演目のダンス芸術の創造性と反アイデンティティの共感という自由性で、それも4人の女性の関わり方を至極、簡素化されたシナリオにフィルム・スコアとして、2曲しか映像をサポートするサウンド・エフェクトは存在はしない... サウンド・エフェクトの重要性を説くエレファントマンの監督デビット・リンチのように数の少なさよりも映像に与える影響を示唆している代表的な映画として... 映画の全編を通してフィルム・スコアとしてのロシアのジプシー音楽に傾倒しているスクリャービンのエチュードの存在... あらためて音楽無知なことを示され、そんな無知なものでも映像とエチュードとのバランスがとてもよく、素晴らしく思えてしまう

Each gesture has a meaning, each gesture tells a moment in their
story.
バーナード・ショー:"Dancing is a perpendicular expression of a
horizontal desire." (ダンスは水平方向の欲望の垂直方向の表現である。)意味が分かりずらいけど、これを言葉としてではなく、立体的に捉えると... 男女間の性行為の婉曲的な表現方法となる。その言葉が持つ意味を実践しているチリ映画「Ema」。映画「Ema」が想像し、表現する性的で激しいダンス・シーンを "動" とするなら、ただダンスを踊るという結果ではなく、ダンスを創造する過程を描いている本作は "静" を思わせる。

"I didn't invent my dance, it existed long before me...
It had been asleep for centuries and my sorrow woke it."
モーバイルフォンの否定派の自身でも見直しても良いかなと、それにあたかも呼応するように誘うシーンとして、演目 "Mother" を控えてダンス指導者からダンスの在り方と心のアプローチの仕方を教わっていた若きダンサー・マノンがパッヘルベルのカノンをモーバイルフォンのアプリを使って、旋律をなぞる突然のシーンは、あまりのも突然だったこともあり、自然と涙があふれ、恥ずかしくもなく、号泣をしてしまいそうに... 号泣するなんて "危ない・危ない" と自制する言葉よりももっと何故、”そうしないの?できないの?” ともう一人の自分が... 意味不明かな?

Do you know what Isadora did after her children died? She tried to
start a school to teach her dance. It was her lifelong dream. But the
war broke out. She said that dance doesn't belong to anyone but
everyone must find their own gesture.. their own way of doing things.
"That really touches me."
そして最後に、劇場でマノンのパフォーマンスに客席で人知れず涙している年を重ねたカラードの女性... アパートに戻り、独居生活の孤独感を押しのけるようにマノンが彼女の心に投影しているビジョンを彼女自身が集約して、母親として振り返り、彼女が我が子に捧げるダンス・シーン... 幸せなあたたかい気分にさせてくれた後にしばらくしてエンディングを迎えます。

"My dear Mr. Shaw: I beg to remind you that as you have the greatest
brain in the world, and I have the most beautiful body, it is our duty
to posterity to have a child."
"My dear Miss Duncan: I admit that I have the greatest brain in the
world and that you have the most beautiful body, but it might happen
that our child would have my body and your brain. Therefore, I
respectfully decline."
バーナード・ショー繋がりの逸話・・・彼女イサドラ・ダンカンがその当時から時の人である証明であり、20世紀の初頭としたら、一般の世相から比べると倫理観に欠ける人柄となり... 彼女とバーナード・ショーのまことしやかに伝えられたおとぎ話... バーナード・ショーはこの件については彼女を傷つけないように否定している... この逸話はアーサー・ミラーとマリリン・モンローの時も同じように語られた不思議なアメリカ生まれのお話しとして?

映画「イサドラの子どもたち」は、”完成度を追求するために、装飾的趣向を凝らすのではなく、むしろそれらを必要最小限まで省略する表現スタイル”であるミニマリズムを踏襲している。ミニマリズムといえば、商業主義からの脱却を宣言したマレーシア出身のツァイ・ミンリャン監督が2018年に製作した台湾映画「Your Face」が挙げられ、ミニマリズムの進化系ディジタル映像表現の一つとしての映画作りがされていた。そして本作は、それをもっと推し進めたような画面自体のアスペクト比を "1.37 : 1" にすることで、正方形に近くなり、その事で映像に集中できることと、この映画の映像クリエーターが、"人が映画を鑑賞して一番落ち着くサイズ" をチョイスしたセンスの持ち主であること。その相乗効果が映画「イサドラの子どもたち」の芸術性及び道徳に寄り添いながら耽美主義の地位をより高めている事が挙げられる。

행동처럼

관련 기사

관련 영화

許された子どもたち 許された子どもたち
プロット  日本
06.01 영화관 안에서

地獄に堕ちた勇者ども 地獄に堕ちた勇者ども
プロット  イタリア・スイス・西ドイツ合作
1970.04.11 영화관 안에서

子供たちの王様 子供たちの王様
プロット  中国
1989.04.29 영화관 안에서

白くまになりたかった子ども 白くまになりたかった子ども
プロット  フランス・デンマーク合作
2004.07.10 영화관 안에서

星を追う子ども 星を追う子ども
プロット  日本
2011.05.07 영화관 안에서

もち もち
プロット  日本
07.04 영화관 안에서

새로운 출시